蔵王坊平観光協議会
023-679-
2311



 

 

刈田岳〜熊野岳〜地蔵山〜蔵王スキー場

ライザスキー場からシールを付けて登ってきたので、シールをつけたまま刈田岳を滑べり下ります。すぐに緩やかな登りになり、標柱に沿って馬の背を通り熊野岳の肩にある避難小屋を目指します。

刈田岳から熊野岳へ向かう稜線は馬の背と呼ばれ、冬は強い西風が吹いていることが多く、お釜に吹き飛ばされないよう注意して行きましょう。

熊野岳の避難小屋の向こう側は稜線の腹をからむように標柱が地蔵山へと続いています。
まず蔵王最高峰、熊野岳をピストンしてきましょう。熊野岳へのなだらかな尾根は、ガスっている時には方向を見失いやすい所で注意が必要です。熊野岳山頂にある神社は硬い雪にびっしりと覆われています

今来た刈田岳、これから向かう地蔵山、そして雁戸山、鳥海山、月山、朝日、飯豊、吾妻と360度の展望を楽しんだら、シールをはずし今来た道を滑って戻ります。

肩の避難小屋からは標柱に沿って地蔵山に向かいます。緩い下りですがクラストしていて滑りにくい事が多いので注意して行きましょう。
最低鞍部(ワサ小屋跡)からは登りになりますが、短い距離なので担いで行きます

 

地蔵山からお地蔵さんまでは、樹氷や人の歩いた跡(穴)に気をつけて尾根通しに滑り下りましょう。

 

 




お地蔵さんまで来るとこのツアーも終了です。あとは道標に従いザンゲ坂を下り蔵王スキー場を楽しんで、温泉にでも浸かって帰ると良いでしょう。
刈田岳から地蔵山お地蔵さんまで、2時間ほどのツアーになります。
この山スキーコースは、蔵王の火口湖「お釜」を眺めながら最高峰熊野岳を通る最もポピュラーな山スキーの入門コースです。
しかし風が強いことも多く、ガスにまかれて方向を見失いやすいコースでもあります。
ここ何年か遭難騒ぎも続き、いまだに行方不明のままの人もいます。
特に山スキー初心者の方は案内人などを付けてツアーを楽しまれるようお勧めします。

 

   
   
  Copyright(C) 2009-2010 Zao-Bodaira. All Rights Reserved.